OPECプラス、8月以降も段階的な増産継続の公算=関係筋

―本記事は情報拡散を目的に作成しています。ご紹介している文書は、各情報サイトおよび各企業様のホームページ等から引用させていただいています―


石油輸出国機構(OPEC)と非加盟の主要な産油国で構成する「OPECプラス」プラスは、需要回復による原油価格の上昇を受けて、8月以降もさらに増産することを協議している。関係筋2人が22日明らかにした。


関係筋の一人は「8月から徐々に(生産を)増やす可能性がかなり高い」と指摘。最終決定はされておらず、具体的な増産の規模についても合意していないと述べた。


OPECプラスは昨年実施した大規模な減産を段階的に縮小しており、5─7月は生産量を日量210万バレル増やすことを決めている。次回の会合は7月1日に開かれる。