top of page

イラン、IAEA査察官のウラン濃縮施設へのアクセス制限=外交筋

―本記事は情報拡散を目的に作成しています。ご紹介している文書は、各情報サイトおよび各企業様のホームページ等から引用させていただいています―


イランは、中部ナタンズのウラン濃縮施設への国際原子力機関(IAEA)の査察官のアクセスを、安全上の問題を理由に制限している。複数の外交筋がロイターに明らかにした。


ナタンズの核施設では今年4月、爆発と停電が起き、遠心分離機が損傷したもよう。イラン当局はイスラエルが関与したと主張している。


IAEAは5月に公表した四半期報告書で、同国の濃縮活動が減速していることを指摘している。


ウィーンを拠点とする外交筋は「4月の事故と妨害行為により、安全上の理由でアクセスが制限された」と述べた上で、「検証を実施する(IAEAの)能力にはほとんど影響しない」と説明した。



---------------------------------------------------- ▼ I'Rise Associates株式会社

▼ 運営サイト

▼ 証券・金融用語まとめ


▼ 公式Twitter


▼ 公式Facebook

----------------------------------------------------

תגובות


bottom of page