top of page

原油先物1.5ドル高、需要回復で供給不足との見方

―本記事は情報拡散を目的に作成しています。ご紹介している文書は、各情報サイトおよび各企業様のホームページ等から引用させていただいています―


米国時間の原油先物は約1.50ドル上昇し、3日続伸した。新型コロナウイルス危機からの経済回復を背景に2021年を通じて供給が不足するとの見方を受けた。


清算値は、北海ブレント原油先物が1.56ドル(2.2%)高の1バレル=73.79ドル。米WTI原油先物が1.61ドル(2.3%)高の71.91ドル。


プライス・フューチャーズ・グループ(シカゴ)のシニアアナリスト、フィル・フリン氏は「需要消滅はかなり誇張されていた」と指摘。「需要がなくなることはなく、非常にタイトな市場に戻りつつある」と述べた。



---------------------------------------------------- ▼ I'Rise Associates株式会社

▼ 運営サイト

▼ 証券・金融用語まとめ


▼ 公式Twitter


▼ 公式Facebook

----------------------------------------------------

Comentários


bottom of page