top of page

原油先物が上昇、週間で1年ぶり伸び率 ハリケーンに備え生産停止の動き

―本記事は情報拡散を目的に作成しています。ご紹介している文書は、各情報サイトおよび各企業様のホームページ等から引用させていただいています―


米国時間の原油先物相場は2%高。週間では1年ぶりの大幅な伸びとなった。ハリケーンの接近に備えメキシコ湾岸の石油施設で生産を停止する動きが広がった。


米国立ハリケーンセンター(NHC)によると、カリブ海で発生した低気圧は大型ハリケーンに発達し、メキシコ湾岸の中央部に上陸する可能性がある。最大風速49メートルのハリケーンが大型に分類され、上陸した場合に壊滅的な被害をもたらす恐れがあるという。


清算値は北海ブレント先物が1.63ドル(2.3%)高の1バレル=72.70ドル。米WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)先物は1.32ドル(2.0%)高の68.74ドル。それぞれ8月2日、12日以来の高値。


---------------------------------------------------- ▼ I'Rise Associates株式会社

▼ 運営サイト

▼ 証券・金融用語まとめ


▼ 公式Twitter


▼ 公式Facebook

----------------------------------------------------

コメント


bottom of page