top of page

反落、弱気の米雇用統計から3連休前の利食い売り優勢=NY原油概況

―本記事は情報拡散を目的に作成しています。ご紹介している文書は、各情報サイトおよび各企業様のホームページ等から引用させていただいています―


NY原油先物10月限(WTI)(終値)

1バレル=69.29(-0.70 -1.00%)


ニューヨーク原油の期近は反落。


時間外取引は前半、小安く推移後、押し目買いでプラスサイドに浮上し、小高く推移した。ハリケーン「アイダ」による被害でメキシコ湾岸での生産回復の遅れや、ドルの先安感が支援材料。


日中取引は8月の米雇用統計が事前予想を下回る弱気の数字となり、米景気の回復に対する警戒感から売りが優勢となった。ニューヨークダウが売り優勢となったことも戻り圧迫要因となった。


6日がレーバーデーで4日から3連休となるため、利食い売り優勢もようとなったが、69ドルが支持線となり、下値堅く推移した。


---------------------------------------------------- ▼ I'Rise Associates株式会社

▼ 運営サイト

▼ 証券・金融用語まとめ


▼ 公式Twitter


▼ 公式Facebook

----------------------------------------------------

Comments


bottom of page