top of page

米国の金融大手、今冬は電気やガスの需要増リスクを注視

―本記事は情報拡散を目的に作成しています。ご紹介している文書は、各情報サイトおよび各企業様のホームページ等から引用させていただいています―


 米国の金融大手ゴールドマン・サックスでは、この冬は電気とガスの使用量が急増する可能性があり、エネルギー価格を重視しているとの見方を示した。  欧州は停電のリスクがあり、厳しい冬となれば電力やガスの使用量が急増するため、需要を減らすためには価格を上げる必要が出てくる。


 これは、この秋に経済の見通しを予想するうえで、大きな波乱要因の1つになる可能性があるため、注意を払うべきものであるとした。


---------------------------------------------------- ▼ I'Rise Associates株式会社

▼ 運営サイト

▼ 証券・金融用語まとめ


▼ 公式Twitter


▼ 公式Facebook

----------------------------------------------------

Comments


bottom of page