top of page

ドイツ石油業界、2045年までにCO2排出ゼロ目指す

―本記事は情報拡散を目的に作成しています。ご紹介している文書は、各情報サイトおよび各企業様のホームページ等から引用させていただいています―


ドイツの石油業界は、化石燃料からバイオ燃料や再生可能エネルギー由来の水素など低炭素燃料への移行を進め、2045年までに二酸化炭素(CO2)排出量を実質ゼロにすることを目指す。ドイツのエネルギーロビー団体en2Xが1日、オンライン形式の記者会見で明らかにした。


業界団体AGEBのデータによると、ドイツの一次エネルギー需要の32%は石油に依存。残りは天然ガス、石炭、原子力、再生可能エネルギーで賄われている。


en2Xのファビアン・ツィーグラー会長は、製油所はグリーン水素の生産・使用を目指していると説明。また、ガソリンスタンドは充電スタンドや水素ステーションを設置する方針だと述べた。


業界では、船舶や航空機向けの合成燃料のほか、化学品生産で使用される脱炭素燃料の開発が進められている。



---------------------------------------------------- ▼ I'Rise Associates株式会社

▼ 運営サイト

▼ 証券・金融用語まとめ


▼ 公式Twitter


▼ 公式Facebook

----------------------------------------------------

Comments


bottom of page