top of page

原油先物、一時2ドル高 ウクライナ情勢巡る供給懸念で

―本記事は情報拡散を目的に作成しています。ご紹介している文書は、各情報サイトおよび各企業様のホームページ等から引用させていただいています―


原油先物価格は25日、ロシアのウクライナ侵攻を受けて供給懸念が高まり、一時2ドル近く上昇した。


0155GMT(日本時間午前10時55分)時点で北海ブレント先物は1.99ドル(2%)高の1バレル=101.07ドル。米WTI先物は1.89ドル(2%)高の同94.70ドル。


ブレント先物は24日、2014年以来初めて100ドルを突破し、一時105ドルを付けた。


コモンウェルス銀行のアナリスト、ビベック・ダール氏は「世界の石油備蓄は7年ぶり低水準にあり、市場は供給ショックに対して脆弱だ」と指摘した。



---------------------------------------------------- ▼ I'Rise Associates株式会社

▼ 運営サイト

▼ 証券・金融用語まとめ


▼ 公式Twitter


▼ 公式Facebook

----------------------------------------------------

bottom of page