top of page

カザフの原油輸出設備、週内に復旧へ=エネルギー相

―本記事は情報拡散を目的に作成しています。ご紹介している文書は、各情報サイトおよび各企業様のホームページ等から引用させていただいています―


カザフスタンのアクチュラコフ・エネルギー相は、カスピ海パイプライン・コンソーシアム(CPC)の黒海沿岸の設備が早ければ20日にもフル稼働に戻る可能性があると述べた。遅くとも週内には復旧するという。


カザフ原油輸出の約80%を手掛けるCPCパイプライン・ターミナルは、先月の悪天候で設備が破損し、通常の半分で稼働している。


同相はまた、CPC問題の早期解決により、2022年の原油生産目標を以前の8750万トンに戻すことも可能だと述べた。これまで目標を8570万トンに引き下げていた。



---------------------------------------------------- ▼ I'Rise Associates株式会社

▼ 運営サイト

▼ 証券・金融用語まとめ


▼ 公式Twitter


▼ 公式Facebook

----------------------------------------------------

#I'RiseAssociates株式会社

Comments


bottom of page