top of page

EU、ロシア産ガス・石油の使用を27年中に停止─欧州委員=伊紙

―本記事は情報拡散を目的に作成しています。ご紹介している文書は、各情報サイトおよび各企業様のホームページ等から引用させていただいています―


欧州連合(EU)はロシアの石油・ガスへの依存度を2022年中に3分の1へ引き下げ、27年末までに完全に脱却することを目指す。ジェンティローニ欧州委員(経済担当)のインタビュー記事を26日付の伊紙イル・メッサジェッロが掲載した。


またEUが5月16日に公表する春季経済見通しで、22年の成長率予想を従来の4%から引き下げると明かした。


国際通貨基金(IMF)は先週、22年のユーロ圏の成長率見通しを3.9%から2.8%へ下方修正している。


ジェンティローニ氏は景気減速がリセッション(景気後退)につながるかどうか判断するのは時期尚早と述べた。非常に低い失業率や高い貯蓄率など「21年後半から引き継いだいくつかの明るい要因」を理由に挙げた。


「停滞のリスクは(ウクライナ)戦争の期間にもかなり大きく左右される」との見方を示した。



---------------------------------------------------- ▼ I'Rise Associates株式会社

▼ 運営サイト

▼ 証券・金融用語まとめ


▼ 公式Twitter


▼ 公式Facebook

----------------------------------------------------

Comments


bottom of page