top of page

ロシア原油生産、4月に約9%減=OPECプラスデータ

―本記事は情報拡散を目的に作成しています。ご紹介している文書は、各情報サイトおよび各企業様のホームページ等から引用させていただいています―


石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなどの非加盟国で構成する「OPECプラス」の二次情報源による評価では、ロシアの4月の原油生産量は前月比約9%減の日量916万バレルとなった。ロイターが17日、内部報告を確認した。


これは、先月のロシアの生産量がOPECプラスの減産合意で要求された水準を日量128万バレル下回ったことを意味する。


データによると、OPECプラス全体では、4月の生産量は目標を日量260万バレル下回った。



---------------------------------------------------- ▼ I'Rise Associates株式会社

▼ 運営サイト

▼ 証券・金融用語まとめ


▼ 公式Twitter


▼ 公式Facebook

----------------------------------------------------

Comments


bottom of page