top of page

原油先物は反発、タイトな供給が支援

―本記事は情報拡散を目的に作成しています。ご紹介している文書は、各情報サイトおよび各企業様のホームページ等から引用させていただいています―


アジア時間の原油先物は、オーバーナイト取引の大幅安から反発。タイトな供給と夏の需要の高まりに支えられている。前日は米利上げで景気減速と需要減退への懸念が広がった。

0202GMT(日本時間午前11時02分)時点で北海ブレント先物は1.10ドル


(0.9%)高で1バレル=119.61ドル。米WTI先物は1.28ドル(1.1%)高の116.59ドル。オーバーナイトの取引では、米連邦準備理事会(FRB)の1994年以来の大幅利上げを受け、2%超下落した。


ドル指数が2002年以来の高水準から低下し、原油価格への下げ圧力が緩和した。原油価格はドル建てのため、ドルの上昇は他通貨の保有者にとって割高となり需要を抑制する。



---------------------------------------------------- ▼ I'Rise Associates株式会社

▼ 運営サイト

▼ 証券・金融用語まとめ


▼ 公式Twitter


▼ 公式Facebook

----------------------------------------------------

Comments


bottom of page