原油先物は反落、リセッション懸念と供給不安が交錯

―本記事は情報拡散を目的に作成しています。ご紹介している文書は、各情報サイトおよび各企業様のホームページ等から引用させていただいています―


アジア時間8日の原油先物は反落。需給逼迫を巡る懸念とリセッション(景気後退)により先行きの需要が細るとの思惑が交錯する状況が続いている。


0013GMT(日本時間午前9時13分)時点で北海ブレント先物は0.4%安の1バレル=104.26ドル。前日は4%近く上昇した。


米WTI先物は0.3%安の102.38ドル。前日は4.2%上昇。週間ではブレント、WTIともに2週続落となる見通し。今週は5日の下げが特にきつかった。


CMCマーケッツのアナリスト、ティナ・テン氏は供給不安が再び注目されて7日は売り一服となったが、「景気の不透明感がなおあり、長短金利の逆転はリセッションが不可避だと示している。これが引き続き商品価格の重しになる可能性がある」と分析した



---------------------------------------------------- ▼ I'Rise Associates株式会社

https://www.i-rise-associates.com/

▼ 運営サイト

https://www.kabugaku.com

https://www.kawase-iroha.com

https://www.nikkan-commodity.com

▼ 証券・金融用語まとめ

https://profile.ameba.jp/ameba/i-rise-associates-ltd/

http://blog.livedoor.jp/i_rise_associates/

https://i-rise-associates.hatenablog.com/

https://note.com/i_rise

https://iriseassociates.blog.fc2.com/

https://iriseassociates.exblog.jp


▼ 公式Twitter

https://twitter.com/iriseassociates


▼ 公式Facebook

https://www.facebook.com/pages/category/Finance/IRise-Associates%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE-105466881257839/

----------------------------------------------------