top of page

石油埋蔵量米大手50社、5年で13%増、 M&Aが寄与

―本記事は情報拡散を目的に作成しています。ご紹介している文書は、各情報サイトおよび各企業様のホームページ等から引用させていただいています―


アーンスト・アンド・ヤングの調査によると、米大手企業50社の国内石油埋蔵量は昨年までの5年間で13%増加した。直近の増加分の大半は合併・買収(M&A)によるものという。昨年末時点の埋蔵量は318億バレル。2020年は新型コロナウイルス流行の影響でエネルギー会社が活動を縮小し、埋蔵量が減少した。


2019年時点の埋蔵量である325億バレルは依然として下回っている。調査は米国内で最大級の石油・ガス埋蔵量を誇る上場企業50社を対象に実施した。昨年は独立系の大手石油・ガス会社が株式非公開のエネルギー会社などを買収したことが、大手50社の埋蔵量増加につながった。買収には940億ドルが投じられたが、これは調査対象期間で最大だった。昨年の探査支出は約80億ドルと、低水準だった。



---------------------------------------------------- ▼ I'Rise Associates株式会社

▼ 運営サイト

▼ 証券・金融用語まとめ


▼ 公式Twitter


▼ 公式Facebook

----------------------------------------------------

コメント


bottom of page