top of page

米が核合意再建「最終文書」へのイラン見解に返答、原油先物上昇

―本記事は情報拡散を目的に作成しています。ご紹介している文書は、各情報サイトおよび各企業様のホームページ等から引用させていただいています―


米国時間の原油先物は上昇した。イラン核合意再建を巡り、米国がイランに対する追加譲歩を検討しない可能性などが懸念され、不安定な取引となった。


清算値は、北海ブレント先物が1.00ドル高の1バレル=101.22ドル。米WTI先物は1.15ドル高の94.89ドルだった。両先物とも、序盤は1ドル以上下げていた。


米国務省のプライス報道官は24日、2015年イラン核合意再建に向けて欧州連合(EU)が提案した「最終文書」に対するイランの見解に、米政府が返答したと明らかにした。イランも同日、米国から回答を受け取ったことを確認した。



---------------------------------------------------- ▼ I'Rise Associates株式会社

▼ 運営サイト

▼ 証券・金融用語まとめ


▼ 公式Twitter


▼ 公式Facebook

----------------------------------------------------

Comments


bottom of page