top of page

エネルギー米長官=10月以降も戦略石油備蓄からの放出を検討

―本記事は情報拡散を目的に作成しています。ご紹介している文書は、各情報サイトおよび各企業様のホームページ等から引用させていただいています―


グランホルム米エネルギー長官は8日、10月に現在のプログラムが終了した後も、戦略石油備蓄(SPR)からの放出を検討していることを明らかにした。


バイデン政権は今年、燃料価格の引き下げとインフレ抑制に向けてSPRから日量約100万バレルの原油を放出した。


この放出により、米国のガソリン平均小売価格は、6月の1ガロン当たり5ドルから今週は3.75ドルに低下した。SPRは4億5000万バレルを下回り、1984年以来の低水準となった。



---------------------------------------------------- ▼ I'Rise Associates株式会社

▼ 運営サイト

▼ 証券・金融用語まとめ


▼ 公式Twitter


▼ 公式Facebook

----------------------------------------------------

Comments


bottom of page